虫が湧いた時|蟻の駆除は出現位置の確認が重要

作業員

巣作りを防ぐ

蜂

キイロスズメバチは巨大な巣を作るため、早めに手を打たないと大量にスズメバチが発生することになります。また、巨大すぎるスズメバチの巣は駆除も撤去も非常に危険なので、プロに任せましょう。

鳩害対策は予防が第一

鳩

鳩による害を被っても、駆除をするには申請が必要であり、時間がかかるため現実的ではありません。そのため、鳩害対策は駆除よりも予防を重点においた方法を取るのがもっとも良いとされています。

ねずみは危険

ネズミ

ねずみは害獣の中で唯一申請しなくても駆除できる害獣です。なぜなら、ねずみによる害は早期に解決しなければ取り返しの付かないことにならないです。そのため、ねずみ駆除は早めの対策を取りましょう。

蟻が湧いた時の対処法

蟻

蟻がどこからか家にやってきて、甘いモノを見つけると、一気にやってきて家に大量に湧いて出ることがあります。シロアリと比べると、蟻による害は比較的優しいものです。しかし、見た目が不快である他、精密機器の中に侵入して故障の原因となったり、家においてある食べ物にたかられてダメになってしまうことは多いです。よって、蟻が侵入してきた時は、素早い対処が必要となります。
蟻の駆除は、他の害虫に比べて比較的簡単に行うことができます。というのも、薬局に蟻の駆除に役立つ薬剤はたくさん販売されており、簡単に駆除が行えるからです。蟻の駆除でもっとも活躍するのは、ベイト剤、つまり毒餌です。ベイト剤は蟻をおびき寄せる匂いを発し、巣に持ち帰らせることによって巣に住んでいる蟻を駆除するという効果があります。そのため、殺虫剤で丁寧に駆除するよりも効果が期待できます。
ベイト剤を設置する場所は、侵入してくるポイントの近くに設置することが基本となります。家の隙間から侵入してくることが多いので、庭に面しているところをチェックしたり、蟻の行列を追えば、割と湧き出る場所は簡単に見つかります。そこにベイト剤を撒き、巣に持ち帰るのを確認すれば、もう駆除は半分成功したようなものです。駆除後は、通り道だったところに忌避剤を噴霧すれば再び湧いてくることを防ぐことができます。他にも、家の甘いものはできるだけきちんとしまったり、処分するなど清潔にしておけば害虫が湧くリスクを減らすことができます。