虫が湧いた時|蟻の駆除は出現位置の確認が重要

女の人

ねずみは危険

ネズミ

害獣は、基本的に駆除をするよりも侵入されないための対策を取ることが基本となっています。その理由は、害獣は基本的に鳥獣法によって駆除することを禁止されているからです。駆除するためには申請して許可を得なければなりません。唯一害獣の中で申請の必要が無いのが、ねずみです。なぜなら、ねずみは放置すると家に深刻な被害を与えるからです。
ねずみで特筆することは、繁殖力が高く、雑食性で何でもかじるということです。そのため、家の壁や柱をかじって家の耐久性を下げ、電源コードをかじって電化製品を使用不可能にし、食べ物をかじってダメにする上に、人をかじって病気にさせてくる可能性もあります。それが繁殖によって数が増えると、被害が3倍にも4倍にも膨れ上がります。そのため、繁殖する前にねずみ駆除を行い、最悪の自体を回避することが重要になります。
ねずみ駆除の方法は、薬局などでベイト剤(毒餌)を買い、仕掛けたり、ねずみ駆除を行う前にねずみの侵入してきそうなところを塞ぐという対策を取ることが重要となります。また、被害が拡大しそうなときは、ねずみ駆除業者にねずみ駆除を依頼するというのも有効です。ねずみ駆除業者による駆除は迅速であり、巣や侵入場所を突き止め、的確な処置を取ることで被害に拡大やねずみ駆除を行ってくれます。この時、ねずみ駆除は早ければ早いほど被害が少ないため、駆除に関する費用も安く済ませることができるので早めの駆除を心がけましょう。