虫が湧いた時|蟻の駆除は出現位置の確認が重要

女の人

巣作りを防ぐ

蜂

スズメバチは危険な生き物です。特に有名なオオスズメバチは登山客の死因でもっとも多いといわれるほどであり、うっかり巣に近づいて縄張りに侵入し、敵に回したら集団で襲いかかってきます。しかし、スズメバチの中で危険なのはオオスズメバチだけではありません。キイロスズメバチもまた、危険な種であると認識されています。
キイロスズメバチでもっとも恐るべき事は、巣の巨大さです。キイロスズメバチは巨大な巣を作ることで知られており、完成した巣は、バスケットボールを一回り大きくしたサイズになることが多く、働き蜂の数は1,000匹以上にも及ぶとされています。しかも、家の屋根などに巣を作るため、家に近づいたら敵と判断されて襲い掛かってくることもあり、非常に危険です。そのため、一刻も早く駆除しなければなりません。
この時注意すべきことは、駆除は絶対にプロの業者に任せるということです。あまりにも巨大になったキイロスズメバチの巣は、撤去しようとすると激しい反撃に遭うため、最悪命の危険もあります。そのため、プロの駆除業者に頼んで駆除及び巣の撤去を行うのですが、この時巣のサイズが巨大であればあるほど駆除と撤去に関する費用が高くなります。よって、早期発見と早期解決が出来るだけ安く問題を解決するための手段となります。ちなみに、スズメバチはミツバチと違い、蜂蜜を集めることはほとんどありません。そのため、蜂の巣がいくら巨大でも蜂蜜は殆どないため放置するメリットはないに等しいです。