虫が湧いた時|蟻の駆除は出現位置の確認が重要

女の人

鳩害対策は予防が第一

鳩

鳩の夜被害は、都会であればあるほど多くなるといわれています。鳩の種類に、カワラバトというキジバトに似た種類の鳩がいます。このカワラバトはキジバトと違い、山ではなく人里に住み着く習性があり、人間の暮らしに溶け込んでいます。そのため、我々が被る鳩の害の殆どはこのカワラバトによるものです。カワラバトは人の家の軒先に巣を作る習性があります。最初のうちは微笑ましく思う人も多いですが、放置していると様々な害が発生します。中でも糞害はひどく、家の前やベランダが踏んで汚れる他、害虫が湧きやすくなり、不衛生極まりなくなります。更に、羽毛が散らばるので更に家の前が汚れるので、非常に厄介です。カワラバトを駆除するのは、鳥獣法で禁止されており、駆除のためには申請をしなくてはいけません。そのため、許可が降りるまではろくに何もできないため、鳩飼の対策は、駆除よりも鳩が住み着かないようにすることを重視した対策が必要となってきます。
鳩の対策として巣を作られないようにするのは最重要事項です。まず、巣を作りやすいエアコンの室外機付近には網を張り、侵入されないようにしましょう。また、大きな目玉の鳥よけも鳩の侵入を防ぐのに有効とされています。それでも鳩に巣を作られた場合、破壊しましょう。しかし、巣に卵があった場合破壊するのは違法のため、卵がない場合に限られます。そのため、対策方法としてはこまめなチェックを行い、巣が作られたら卵を生む前に撤去することが重要となります。